【プロ野球】神宮球場はわずか53万円? 12球団本拠地の意外な”建設費”

デイリーニュースオンライン

大正時代に建てられた明治神宮球場の建設費用を調べると、意外な結果が!
大正時代に建てられた明治神宮球場の建設費用を調べると、意外な結果が!

2020年の東京五輪のメインスタジアムである新国立競技場。当初案の約2520億円もの建設費が問題視され、すったもんだの末に計画変更。最終的に総工費1490億円程度の案に収まった。  しかし、この1490億円という膨大な支出にも市井ではやや不満の声も上がっている。  そこで今回、『野球太郎』編集部では12球団本拠地の建設費を調べてみた。 建設費1位~5位はドーム球場が独占! 福岡ヤフオク!ドーム 約760億円(1993年開...

注目記事
「【プロ野球】神宮球場はわずか53万円? 12球団本拠地の意外な”建設費”」のページです。デイリーニュースオンラインは、野球太郎プロ野球東京オリンピックスポーツスポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧