もしかして清原も!? 危険ドラッグの取締強化で「覚せい剤」などに手を出す逆転現象も

ヘルスプレス

危険ドラッグの取締強化による逆転現象!? (shutterstock.com)
危険ドラッグの取締強化による逆転現象!? (shutterstock.com)

元プロ野球のスター選手だった清原和博をはじめとする多くの有名芸能人、そして地方議会の議員に至るまで、各階層での覚せい剤常用者に関する報道が後を絶たない。また、NHKのアナウンサーが自宅マンションで危険ドラッグを製造したとして逮捕・起訴されたという報道もあった。  危険ドラッグは、化学構造式の一部を変更した類似物質が次から次へと考案・製造されることにより、法の網を潜り抜けてきた。そして、多数の新製品...

「もしかして清原も!? 危険ドラッグの取締強化で「覚せい剤」などに手を出す逆転現象も」のページです。デイリーニュースオンラインは、大麻薬物中毒危険ドラッグ清原和博覚せい剤社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧