貴乃花親方と新興宗教…祭主の終末思想本に推薦文、部屋一門が神社で稽古

ビジネスジャーナル

両国国技館(「Wikipedia」より)
両国国技館(「Wikipedia」より)

時津風部屋力士暴行死事件(2007年)や八百長事件(11年発覚)など不祥事が相次ぎ、一時は解体の危機に瀕した大相撲。それが見事に起死回生を果たし、初場所で優勝した琴奨菊の横綱昇進にも注目が集まるなどして、現在行われている大阪場所も大盛り上がりだ。  この勢いが今後も続くかどうかは、運営に携わる日本相撲協会上層部の舵取りにかかっているのは間違いない。今場所後の3月28日には、評議員会を経てトップを決める理...

「貴乃花親方と新興宗教…祭主の終末思想本に推薦文、部屋一門が神社で稽古」のページです。デイリーニュースオンラインは、貴乃花親方琴奨菊大相撲エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧