「五体満足な子供が生まれて欲しい」は障がい児差別なのか!?

ヘルスプレス

遺伝子操作で健康な赤ちゃんを望んではいけないのか? shutterstock.com
遺伝子操作で健康な赤ちゃんを望んではいけないのか? shutterstock.com

遺伝子を壊して、遺伝子の働きを調べる「ノックアウト法」は、生命科学分野で多大なる貢献を果たしてきた。その功績が認められて、私のユタ大学時代の知人であるマリオ・カペッキィ氏は2007年にノーベル医学生理学賞を受賞した。  これらの技術で、遺伝子組み換えが可能となったことにより、受精卵などに遺伝子操作できることも理論的に可能となった。  しかし、予期せぬ遺伝子異常が起こる危険性(当時の技術では、ゲノム...

「「五体満足な子供が生まれて欲しい」は障がい児差別なのか!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、受精卵遺伝性疾患ゲノム遺伝子操作中村祐輔カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧