月9『ラヴソング』、福山雅治の“黒歴史”決定の裏で……ヒロイン・藤原さくらがほくそ笑む理由

サイゾーウーマン

月9『ラヴソング』、福山雅治の“黒歴史”決定の裏で……ヒロイン・藤原さくらがほくそ笑む理由

福山雅治主演のフジテレビ月9ドラマ『ラヴソング』第3話が4月25日に放送され、視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で2週連続1ケタ台に終わった。特に強力な裏番組はなかったが、13.0%を取った日本テレビ系『人生が変わる1分間の深イイ話』に完敗を喫してしまった。  初回は10.6%、第2話は9.1%で、第3話までの平均は9.8%と2ケタにすら乗っていない。この調子でいくと、フジ月9史上ワーストを更新...

注目記事
「月9『ラヴソング』、福山雅治の“黒歴史”決定の裏で……ヒロイン・藤原さくらがほくそ笑む理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、藤原さくら芸能ウラ情報福山雅治エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧