タカタ、倒産の現実味高まる…史上空前のリコール、自動車メーカーも巻き込まれ巨額損失

ビジネスジャーナル

「Thinkstock」より
「Thinkstock」より

欠陥エアバッグ問題で窮地に立たされているタカタが、債務超過の危機に瀕している。  米高速道路交通安全局(NHTSA)は5月4日、タカタ製エアバッグを最大で4000万個、リコール(回収・無償修理)の対象に追加すると発表した。日本や欧州の規制当局はNHTSAの方針に追随すると考えられるため、リコールの対象は全世界で1億個を優に超える。国土交通省は国内で700万個の追加のリコールを指示した。  リコールにかかる費用は1個...

注目記事
「タカタ、倒産の現実味高まる…史上空前のリコール、自動車メーカーも巻き込まれ巨額損失」のページです。デイリーニュースオンラインは、エアバッグホンダリコールタカタ社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧