口からニョキニョキ、舌だけが2倍の速さで成長してしまった赤ちゃん

トカナ

画像は、Thinkstockより
画像は、Thinkstockより

舌だけが2倍の速度で成長してしまう症状をご存じだろうか? ■エコー検査で胎児があっかんべー!?  昨年5月、米ミズーリ州セントルイスで誕生したレイラ・キングちゃん。彼女の体に異常が発見されたのは、まだ胎児だったころ、妊娠30週目のエコー検査でのことだった。なんとエコーに写ったレイラちゃんの口から、ベロンと舌が飛び出ていたのだ。 【写真はコチラから→http://tocana.jp/2016/06/post_9939.html】  医師たち...

「口からニョキニョキ、舌だけが2倍の速さで成長してしまった赤ちゃん」のページです。デイリーニュースオンラインは、ベックウィズ・ヴィーデマン症候群赤ん坊胎児奇病カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧