ラオス国内のクルマ事情はどうなのか?日本人がラオスで仕掛ける「中古車オークション」のこれから【後編】

イキなクルマで

ラオス国内のクルマ事情はどうなのか?日本人がラオスで仕掛ける「中古車オークション」のこれから【後編】
ラオス国内のクルマ事情はどうなのか?日本人がラオスで仕掛ける「中古車オークション」のこれから【後編】

ラオスで中古車オークションの運営会社「LAOCAM」を設立し、1年で5回ものオークション開催に成功した大橋賢治氏。前編では、ラオスの地で中古車オークションをはじめた経緯について語ってもらいましたが、後編では、ラオス国内のクルマ事情、さらにはLAOCAM大橋氏が描く今後の展望について迫りたいと思います。■文化や習慣の差を乗り越えて今に至る「我々の仕事は、まずラオス国内に中古車の相場を作ることだと思っています」と...

「ラオス国内のクルマ事情はどうなのか?日本人がラオスで仕掛ける「中古車オークション」のこれから【後編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、中古車オークションラオスやってみた海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧