競馬界2016年上半期「ビックリ事件」をスッパ抜く!(2)初のドーピング違反者が出た

アサ芸プラス

競馬界2016年上半期「ビックリ事件」をスッパ抜く!(2)初のドーピング違反者が出た

この警察ざたに対応したのは、鮫島の所属先の浅見秀一調教師である。「未成年の飲酒ということで、すぐにJRA関係者へ謝罪を入れ、可能なかぎり、その週の騎乗をキャンセルさせて、謹慎させた。本人も丸坊主になるなど、師匠が厳しい姿勢を示したことで、大事に至らずに済んだものでした。もちろん、酒を飲ませた騎手らもJRAから注意を受け、反省していました」(厩者関係者) 鮫島は3週間、騎乗を自粛したのだが、浅見師は今も...

「競馬界2016年上半期「ビックリ事件」をスッパ抜く!(2)初のドーピング違反者が出た」のページです。デイリーニュースオンラインは、浅見秀一L・コントレラス週刊アサヒ芸能 2016年 7/7号吉田隼人競馬スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧