キンコン西野、「新作絵本」で作画担当者の権利をないがしろにして批判殺到

アサ芸プラス

キンコン西野、「新作絵本」で作画担当者の権利をないがしろにして批判殺到

お笑い芸人から絵本作家への転身を宣言したキングコングの西野亮廣。今秋には新作絵本の『えんとつ町のプペル』を発売するが、その制作において作画担当者の権利をないがしろにしているとの批判が沸き起こっている。 西野は自身のブログにて7月1日、新作絵本で自らは「監督・脚本・絵コンテ」を担当し、実際の絵はイラストレーターの六七質氏を中心とした製作スタッフ陣が描いていることを明かした。その西野は昨年7月、フェイ...

「キンコン西野、「新作絵本」で作画担当者の権利をないがしろにして批判殺到」のページです。デイリーニュースオンラインは、六七質えんとつ町のプペル絵本作家キングコングフェイスブックエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧