【プロ野球】“高校本塁打0本”でもプロで大スラッガーになった選手たち

デイリーニュースオンライン

“高校通算本塁打0本”でもプロで大スラッガーになった選手は?
“高校通算本塁打0本”でもプロで大スラッガーになった選手は?

熱戦の火蓋が切って落とされた夏の高校野球。今年も早稲田実業の清宮幸太郎に注目が集まるなか、清宮は7月10日の初戦でいきなり本塁打。高校通算本塁打を51本に伸ばし、歴代1位の山本大貴(神港学園)の107本を超えるのではないかと囁かれている。  しかし、この“高校通算本塁打”は野球ファンにとっては永遠の議題。「グラウンドが小さい」「試合数が違う」「○○は活躍しなかった」……などなど、否定要素が挙げられやすい数字で...

「【プロ野球】“高校本塁打0本”でもプロで大スラッガーになった選手たち」のページです。デイリーニュースオンラインは、小笠原道大掛布雅之清宮幸太郎野球太郎プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧