土用の丑の日を前にウナギ価格が高騰!近大の「ウナギ味の養殖ナマズ」が救世主に

ヘルスプレス

うわさの養殖なまず君 近畿大学HPより
うわさの養殖なまず君 近畿大学HPより

7月30日(土)の「土用の丑の日」を前に、スーパー、百貨店、小売店のウナギ商戦が熱い。  2012年に高騰して以来、高値が続くニホンウナギ。高値の元凶は、昨冬の稚魚(シラスウナギ)の不漁だ。しかも今年は、稚魚が餌を食べず成長が遅れたため、販売価格が高止まりした。スーパー、百貨店、小売店は、販売価格を昨夏より約1割上乗せしている。汗をかきかき、高値のウナギを横目で睨む炎夏になりそうだ。  農林水産省によ...

「土用の丑の日を前にウナギ価格が高騰!近大の「ウナギ味の養殖ナマズ」が救世主に」のページです。デイリーニュースオンラインは、養殖絶滅危惧種ウナギカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧