マラソン金・高橋尚子が「パチンコ依存症」に!? 驚異的な「粘り」で大勝も、思い出されるアノ「大事件」

ビジネスジャーナル

パチンコ店
パチンコ店

「女性自身」(光文社)が、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子の「パチンコ大勝負」をスクープしている。  高橋は午前11時から閉店である夜の10時半まで11時間もパチンコに熱中。手元の玉がなくなっても一心不乱に台と格闘し続け、トイレ休憩とペットボトルの飲み物を時折補充しながら戦いを続けた。やはりマラソン選手というか、粘り強さを見せたようである。最終的に大当たり55回という大勝だったというのだ...

注目記事
「マラソン金・高橋尚子が「パチンコ依存症」に!? 驚異的な「粘り」で大勝も、思い出されるアノ「大事件」」のページです。デイリーニュースオンラインは、高橋尚子パチンコ五輪スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧