【高校野球】ノーガード戦法!岩手・盛岡大付が見せた“わんこそば打線”

デイリーニュースオンライン

甲子園ノーガード戦法、盛岡大付(岩手)が見せた“わんこそば打線”
甲子園ノーガード戦法、盛岡大付(岩手)が見せた“わんこそば打線”

いよいよクライマックスまであとわずかとなった夏の甲子園。ここまでいくつもの試合を見たなかで気になったのは、岩手代表の盛岡大付だ。  2回戦までは1試合平均7失点しながらも、打って打って打ちまくり、失点を上回る1試合平均9.5得点を叩きだして相手を打ちのめしてきた。  見ていて気持ちよくなるこの「ノーガード戦法」は、単打だけでなく大きいのが打てるのも魅力。残念ながら、3回戦で甲子園を去ることとなった盛岡...

注目記事
「【高校野球】ノーガード戦法!岩手・盛岡大付が見せた“わんこそば打線”」のページです。デイリーニュースオンラインは、盛岡大付高校野球野球太郎甲子園スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧