旅客機が乗員乗客ごと9,000km“瞬間移動”!? CERNの非公開ワープ実験の噂とは?

トカナ

イメージ画像は、「Wikipedia」より
イメージ画像は、「Wikipedia」より

SFの世界では当たり前のように描かれている“ワープ”技術だが、現実の科学技術からすれば夢物語でしかない。いや、ひょっとして密かにワープ技術が開発されているとしたら……。実は2009年に旅客機がワープしていたと主張している人々がいる。なんとあのCERNが保有する大型ハドロン衝突型加速器がワープを引き起こしたというのだ。 ■LHC稼働中に旅客機がワープした!?  先日のトカナでは、敷地内で行われたという“生贄の儀式”の...

「旅客機が乗員乗客ごと9,000km“瞬間移動”!? CERNの非公開ワープ実験の噂とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、LHCCERNブラックホール仲田しんじワープカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧