『シン・ゴジラ』損益分岐の80億円突破も近く……それでも続編制作に高いハードル

日刊サイゾー

『シン・ゴジラ』公式サイトより
『シン・ゴジラ』公式サイトより

庵野秀明氏が脚本、総監督を務め、7月29日に公開された映画『シン・ゴジラ』が、9月6日までの40日間で観客動員420万人を突破し、1984年公開『ゴジラ』以降の“平成ゴジラシリーズ”において、最高の観客動員数を記録した。 「公開40日時点で興行収入は61億円を超えるなど文句はないのですが、実は東宝の設定している損益分岐点は80億円だそうです。製作費に20億円以上かかっているみたいで、黒字になるには80億円が最低ラインだ...

「『シン・ゴジラ』損益分岐の80億円突破も近く……それでも続編制作に高いハードル」のページです。デイリーニュースオンラインは、長谷川博己庵野秀明石原さとみ竹野内豊映画カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧