文化人になりたい?押切もえが生き残りをかけ”キャラ変”を模索

デイリーニュースオンライン

文化人になりたい?押切もえが生き残りをかけ”キャラ変”を模索
文化人になりたい?押切もえが生き残りをかけ”キャラ変”を模索

11月7日に発売の12月号をもって雑誌『AneCan』(小学館)の休刊が発表された。多くの嘆きの声が聞こえているが、雑誌の休刊を悲しむのは読者だけではなかった。 「今回の雑誌『AneCan』の休刊は、モデル達にも大きなプレッシャーになっていますね」と雑誌編集者は明かす。 「6月号で同誌の看板モデルである蛯原友里(36)、7月号で高垣麗子(36)が雑誌を卒業しましたが、11月号の休刊を踏まえての卒業だったと言われています...

「文化人になりたい?押切もえが生き残りをかけ”キャラ変”を模索」のページです。デイリーニュースオンラインは、湊かなえ二科展押切もえ工藤静香AneCanエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧