サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「レインボーラインの末脚が穴!」

アサ芸プラス

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「レインボーラインの末脚が穴!」

今週はクラシック最終戦「菊花賞」が京都で行われる。3歳世代“3強”のうちの2頭、サトノダイヤモンドとディーマジェスティの一騎打ちムードが漂う中、万券王・水戸は、レインボーラインを波乱の使者に指名した。 牡馬クラシック3冠、その最後は3000メートルの長丁場で覇を競う菊花賞。筆者としては、好きな重賞の一つで、期待にたがわない白熱した好レースが毎年繰り広げられている。3000メートルという距離は3歳馬にとって初め...

「サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「レインボーラインの末脚が穴!」」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2016年 10/27号レインボーラインレッドエルディスト水戸正晴競馬スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧