ファンキー加藤が流行語大賞候補に名前がないのは謝罪対応が良かった証拠?

アサ芸プラス

ファンキー加藤が流行語大賞候補に名前がないのは謝罪対応が良かった証拠?

年末が近づき、多くのメディアが流行語大賞の予想を発表し始めている。そのなかに川谷絵音の「ゲス不貞」や高畑裕太の「示談」、ベッキーの「センテンススプリング」やショーンKの「経歴詐称」といった言葉が並んでいるなか、世間を騒がせたあの人がなぜか見当たらないというのだ。芸能ライターが首をひねる。「6月にダブル不貞が発覚したファンキー加藤に関わる単語が見つからないのです。加藤の一件は当時、相当な騒ぎになっ...

「ファンキー加藤が流行語大賞候補に名前がないのは謝罪対応が良かった証拠?」のページです。デイリーニュースオンラインは、ファンキー加藤流行語大賞エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧