【宮崎学特別寄稿】「令状なしのGPS捜査」が違法なのは裁判官も承知のはず

R-zone

【宮崎学特別寄稿】「令状なしのGPS捜査」が違法なのは裁判官も承知のはず

11月22日、福井県警が覚醒剤密売の捜査で関係者の車に令状なしにGPS端末を設置していた件で、福井地裁(入子光臣裁判長)はこの捜査による報告書などを証拠として採用することとした。  弁護側は「違法なGPS捜査によって入手した証拠は採用すべきでない」と主張しており、裁判長は「(最終的には)判決前の論告や弁論を踏まえて判断する」とも述べたが、証拠採用が覆されることはまずない。  とはいえ、裁判長がこのように...

「【宮崎学特別寄稿】「令状なしのGPS捜査」が違法なのは裁判官も承知のはず」のページです。デイリーニュースオンラインは、追跡調査買春覚醒剤アウトロー違法社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧