「本丸は、ほかにある──」ASKA逮捕劇を“大炎上”させた警察当局の狙いとは?

日刊サイゾー

『12』(ユニバーサル・シグマ)
『12』(ユニバーサル・シグマ)

覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで送検された歌手・ASKA容疑者(本名・宮崎重明)の逮捕をめぐって、捜査当局が事前にマスコミに情報を流して大騒動へ発展させたことに首をかしげる人々が少なくない。  ASKA容疑者が自ら別件で110番通報し、警察官が駆けつけたところ、尿検査が実施され、「覚せい剤の陽性反応があった」として捜査が始まった経緯も不自然だ。その真偽がハッキリする前から、一部メディアには「ASKA逮捕状請...

「「本丸は、ほかにある──」ASKA逮捕劇を“大炎上”させた警察当局の狙いとは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、薬物逮捕覚せい剤ASKAエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧