お金で懐柔する?トランプ次期大統領に対する”中共政府の思惑”

デイリーニュースオンライン

トランプ次期大統領就任に対する中共政府の思惑 (C)孫向文/大洋図書
トランプ次期大統領就任に対する中共政府の思惑 (C)孫向文/大洋図書

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。  2016年12月2日、アメリカ次期大統領就任が予定されているドナルド・トランプ氏(70)が台湾の蔡英文総統(60)と電話会談を行いました。1979年の米中国交正常化以降、公式にはアメリカは台湾を国家と認めておらず、今回の会談は異例の事態といえます。 ■トランプ氏の就任は好都合だった?  2016年のアメリカ大統領選の際、蔡総統はトランプ氏の対抗馬だったヒラリー・クリントン...

注目記事
「お金で懐柔する?トランプ次期大統領に対する”中共政府の思惑”」のページです。デイリーニュースオンラインは、蔡英文ドナルド・ トランプ台湾中国連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧