韓国のデモ報道を見て「民主主義って何だ?」と考え始めた北朝鮮の人々

デイリーNKジャパン

韓国のデモ報道を見て「民主主義って何だ?」と考え始めた北朝鮮の人々

北朝鮮の労働党機関紙「労働新聞」と言えば、紙面がプロパガンダで埋め尽くされていることで有名だ。北朝鮮の人々もつまらないと思っているようで、「タバコの巻紙に最高」などと揶揄するほどだ。 1980年代には発行部数300万部を誇っていたが、90年代の大飢饉「苦難の行軍」を機に、10分の1に激減した。金正恩党委員長は「記事の質、内容を向上させ、部数を120万部まで増やせ」との指示を何度も出し、無理やり60万部までは回復...

「韓国のデモ報道を見て「民主主義って何だ?」と考え始めた北朝鮮の人々」のページです。デイリーニュースオンラインは、高英起人権朴槿恵デイリーNKニュース海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧