印紙が必要かどうかの判断をする際、弁護士や税理士を当てにしてはならない

相談LINE

印紙が必要かどうかの判断をする際、弁護士や税理士を当てにしてはならない

1枚200円程度しかかからないはずなのに、印紙税の税務調査では数千万円の課税が発生することが多々あります。先日も、兵庫県警察信用組合という金融機関が2700万円の印紙税を大阪国税局から追徴されたというニュースがありました。この報道でも指摘されていますが、印紙税の対象になる契約書に該当するかどうか、弁護士や税理士でも判断に迷います。言い換えれば、弁護士や税理士に聞いても印紙税のリスクは小さくなり...

「印紙が必要かどうかの判断をする際、弁護士や税理士を当てにしてはならない」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧