清原和博 友人が明かす有罪判決から7カ月の「都内潜伏生活」

アサ芸プラス

清原和博 友人が明かす有罪判決から7カ月の「都内潜伏生活」

16年5月31日、薬物で罪に問われた清原和博(49)に判決が下された。あれから7カ月──。依然として謝罪会見も開かれないままの更生生活、今後の展望について、清原を支援する飲食店経営者I氏の長年の友人が明かした。「一時期こそ、治療で離れましたが、現在は都内に戻ってきています。ある支援者が所有する高級マンションの一室で、日々、暇を持て余しています」 こう語るのは週刊アサヒ芸能6月16日号で清原の極秘生活を明かし...

注目記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧