100年後の人類はどのような姿をしているのだろうか? 生き残るため遺伝子改変された体が必要となる(米未来学者)

カラパイア

100年後の人類はどのような姿をしているのだろうか? 生き残るため遺伝子改変された体が必要となる(米未来学者)
100年後の人類はどのような姿をしているのだろうか? 生き残るため遺伝子改変された体が必要となる(米未来学者)

遺伝子改変技術には人類をさらに強く、速く、回復力のある存在に変える可能性が秘められている。改変による人類の強化は、新しい”超人類”を生み出すかもしれない。これこそが次の大量絶滅を生き延びるために我々に必要なものだという。  アメリカの未来学者のファン・エンリケス氏は、我々が惑星を求めて地球を旅立つために人工的に強化された遺伝子、細胞、臓器が必要になると論じている。  同氏が予見する未来とは、ヒト細...

「100年後の人類はどのような姿をしているのだろうか? 生き残るため遺伝子改変された体が必要となる(米未来学者)」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧