サンウルブズが小瀧、ウォーレンボスアヤコ、ボンドを追加。東恩納は離脱

ラグビーリパブリック

スーパーラグビー日本チームのサンウルブズを運営するジャパンエスアールは1月12日、東芝のLO小瀧尚弘、NTTコミュニケーションズのNO8ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ、キヤノンのCTBマイケル・ボンドを2017シーズンのスコッドに追加したと発表した。 その一方で、12月16日にサンウルブズ入りが発表されていたキヤノンのPR東恩納寛太は離脱が決定。東恩納は12月24日に秩父宮ラグビー場でおこなわれたトップリーグ第13節のクボ...

注目記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧