PPAPで明るみになった「商標ビジネス」とはどういうやり口か?

まいじつ

(C)Shutterstock
(C)Shutterstock

ピコ太郎の大ヒット曲『PPAP』のタイトルやフレーズ“ペンパイナッポーアッポーペン”などが、大阪府内の無関係の企業により昨秋、特許庁に商標出願されていたことが明らかになった。 PPAPを出願したのは、ベストライセンス株式会社の上田育弘氏。今回の件に関して、各メディアのインタビューに「私が出願していますので、それを無視して事業を進めたら、今後商標権侵害になる可能性があります」など、強気な発言していたことでも...

「PPAPで明るみになった「商標ビジネス」とはどういうやり口か?」のページです。デイリーニュースオンラインは、特許社会問題社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧