猟奇殺人犯役なのに夏休みの宿題…芦田愛菜の“違和感”に視聴者がクギ付け

アサジョ

猟奇殺人犯役なのに夏休みの宿題…芦田愛菜の“違和感”に視聴者がクギ付け

俳優の山田孝之が、カンヌ国際映画祭で賞を獲るために資金「1億円」の出資を募り映画製作を目指すドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」(テレビ東京系)が、じわじわと評判を上げている。 どこまでが現実でどこまでが芝居なのかわからない、なんとも絶妙なタッチで描かれる本作は、山田が実在の映画監督・山下敦弘を呼び出すところから始まる。そして山田は、自身は演者として映画に出ず、あくまでプロデューサー...

「猟奇殺人犯役なのに夏休みの宿題…芦田愛菜の“違和感”に視聴者がクギ付け」のページです。デイリーニュースオンラインは、山下敦弘山田孝之のカンヌ映画祭芦田愛菜山田孝之エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧