バッシングされてでも日本維新の会が長谷川豊アナを選んだ深刻な内情

東京ブレイキングニュース

バッシングされてでも日本維新の会が長谷川豊アナを選んだ深刻な内情
バッシングされてでも日本維新の会が長谷川豊アナを選んだ深刻な内情

千代田区長選の取材に勤しんでいたら、すっかり国政がご無沙汰になった感じがします。たった1週間程度でしたけどね。  そんな中で飛び込んできたのが、日本維新の会から元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が次期衆院選に出馬予定という話。千葉1区から出るそうですが、マジですか?  だって長谷川氏といえば昨年9月19日に「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理と言って泣くならそのまま殺せ!いまの...

注目記事
「バッシングされてでも日本維新の会が長谷川豊アナを選んだ深刻な内情」のページです。デイリーニュースオンラインは、長谷川豊日本維新の会社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧