テレビ局が編成した番組表に合わせてテレビを見る時代の終焉…人々はまだ映像を見ている

ビジネスジャーナル

「Thinkstock」より
「Thinkstock」より

若者の「車離れ」「テレビ離れ」という言葉がよく聞かれる。車離れは統計にも顕著に表れている。車の趣味、保有欲は減少し、また20代の運転免許保有者数も減少している。若者の車に対する価値観は、高度経済成長期の「憧れ」や「目標」ではなくなり、車は単なる移動手段へと変化している。つまり、「車を買いたい」という感情から「車が必要なら買う、必要でなければ買わない」というように変化している。  一方で、タクシー...

「テレビ局が編成した番組表に合わせてテレビを見る時代の終焉…人々はまだ映像を見ている」のページです。デイリーニュースオンラインは、テレビ番組NHKスマートフォン社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧