音楽の快感はセックスや麻薬と同じ? 天才プリンスも逝った<オピオイド系>が脳に作用

ヘルスプレス

音楽の快感はセックスや麻薬と同じ?(depositphotos.com)
音楽の快感はセックスや麻薬と同じ?(depositphotos.com)

ヒトの基本的な欲求が満たされた際、活性化される脳内の神経経路のことを「報酬系」と呼ぶ。  音楽の心地よさもここに作用することが判明している一方、危険ドラッグなどの禁止薬物も同じ脳内報酬系に強く作用する。そのため、溺れれば薬物依存症に結びついてしまう。  そこで憶えてほしいのが、日本人にはいくぶん馴染みの薄い<オピロイド(opioid)>という言葉だ。これは「オピウム(opium:アヘン)類類縁物質」の意味を...

注目記事
「音楽の快感はセックスや麻薬と同じ? 天才プリンスも逝った<オピオイド系>が脳に作用」のページです。デイリーニュースオンラインは、鎮痛薬モルヒネ依存症セックスカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧