アマゾン、宇宙市場でも破壊的進化…大手から次々受注、超大型ロケットや月輸送計画も

ビジネスジャーナル

ブルーオリジンが開発したBE-3ロケットエンジンの燃焼試験(「Wikipedia」より)
ブルーオリジンが開発したBE-3ロケットエンジンの燃焼試験(「Wikipedia」より)

市場のボトルネックを排除するのに余念がない米アマゾン。コストを下げることで潜在需要を顕在化させ、一気にスケールを上げる。2009年以降、新たに狙いを定めた分野のひとつが航空宇宙産業で、宇宙開発企業「ブルー・オリジン」を設立して着実に事業を進めている。  ブルー・オリジンのモットーはラテン語の「Gradatim Ferociter(一歩一歩大胆不敵に)」で、その考えどおり、設立後順調かつ大胆に開発が行われてきた。高度1...

「アマゾン、宇宙市場でも破壊的進化…大手から次々受注、超大型ロケットや月輸送計画も」のページです。デイリーニュースオンラインは、航空宇宙産業ブルー・オリジンアマゾン社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧