映画のトラウマは通過儀礼……「あるある」マンガに進化したアサイ『木根さんの1人でキネマ』

おたぽる

『木根さんの1人でキネマ(3)』(白泉社)
『木根さんの1人でキネマ(3)』(白泉社)

出落ち感もありながら、いよいよ3巻も発売となった、アサイ『木根さんの1人でキネマ』(白泉社)。  この作品の優れた点は、まず勢いです。そもそも、タイトルに反して、まったく1人で映画を観ていません。いや、1人で鑑賞していることもあるけれど、それをテーマに周囲の登場人物と語り合うことで作品が成立している わけです。  まあ、ガチで主人公が映画に対して1人でボケたりツッコミを入れたりしていたら、作品として...

注目記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧