渡瀬恒彦“遺作ドラマ”に「現実とダブって涙が止まらない」と視聴者が涙

アサ芸プラス

渡瀬恒彦“遺作ドラマ”に「現実とダブって涙が止まらない」と視聴者が涙

3月25、26日2夜連続で放送された、アガサ・クリスティ原作のドラマ「そして誰もいなくなった」(テレビ朝日系)。平均視聴率は1夜が15.7%、2夜が13.1%だった。 同ドラマで注目を集めたのは、なんと言っても3月14日に多臓器不全により亡くなった俳優の渡瀬恒彦さんの姿だろう。ドラマの最後には「このドラマは2016年12月20日から2017年2月13日に掛けて撮影されました。渡瀬恒彦さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます」との...

「渡瀬恒彦“遺作ドラマ”に「現実とダブって涙が止まらない」と視聴者が涙」のページです。デイリーニュースオンラインは、そして誰もいなくなった渡瀬恒彦ガン俳優追悼エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧