「貴族探偵」の犯人役がいまだに「深キョンの元カレ」と呼ばれてしまう悲劇

アサ芸プラス

「貴族探偵」の犯人役がいまだに「深キョンの元カレ」と呼ばれてしまう悲劇

舞台装置や小道具に億単位の額をかけているというフジテレビの月9ドラマ「貴族探偵」。4月17日放送の初回視聴率は11.8%と2ケタ台だったものの、主演する嵐・相葉雅紀のポンコツ貴族ぶりや脚本のつまらなさなどが早くも叩かれている。「贅沢すぎる脇のキャスト陣のムダ遣いぶりも疑問視されていますが、首を傾げたくなるのが犯人役に内田朝陽を抜擢したこと。連ドラ初回の出演者は、どんなに小さな役でもスポンサーまでもがOKを...

注目記事
「「貴族探偵」の犯人役がいまだに「深キョンの元カレ」と呼ばれてしまう悲劇」のページです。デイリーニュースオンラインは、死者の学園祭貴族探偵内田朝陽相葉雅紀深田恭子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧