サウマキ、小山のいない大東大。青柳監督改めて「アタックよりディフェンス」

ラグビーリパブリック

青柳勝彦監督体制5季目となる大東大が、いま、転換期を迎えている。 一時は日本代表候補となったWTBのホセア・サウマキ(キヤノン)、日本代表予備軍にあたるナショナル・デベロップメントスコッドに入ったSHの小山大輝(パナソニック)ら、1年時からレギュラーだった主力の多くが昨季限りで卒業した。戦力が刷新されるなか、改めて堅実な守りを見直すという。 4月9日、東京・秩父宮ラグビー場。関東圏を中心とした16校の大学...

注目記事
「サウマキ、小山のいない大東大。青柳監督改めて「アタックよりディフェンス」」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧