国税の明らかな非に謝罪を求めても、署長クラスがそれに応じる可能性は限りなく低い

相談LINE

国税の明らかな非に謝罪を求めても、署長クラスがそれに応じる可能性は限りなく低い

調査官の無礼な発言など、問題がある税務調査がなされることは少なくありません。この場合、不適切な行為については、国税組織に当然に抗議するべきですが、謝罪があるまで税務調査を受けない、といった交渉は絶対にやってはいけません。あくまでも税務調査には協力するが、調査官の態度を改めるよう上司から指導することを求める、といったクレームを言うにとどめなければなりません。 このあたり、中々イメージできないかもし...

注目記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧