失踪宣告をし法律上「死亡」と認定され、遺体がない中で行う葬儀について

心に残る家族葬

失踪宣告をし法律上「死亡」と認定され、遺体がない中で行う葬儀について

個人的に気になっていた。ある人が突然消息を絶ち、何年も「行方不明者」として扱われ、そのまま何十年も経った場合、いずれ家族も諦めるだろう。つまりもう死んだものとして、完全に彼の存在を葬ることになるはずだ。その場合も葬儀は必要なのか、空の棺を燃やすことになるのかと。 ■行方不明者を放置すると… 心情的なものを抜きにすれば、行方不明者を長年放置して起きる問題は多々ある。 戸籍や相続など、生死が分からなけれ...

注目記事
「失踪宣告をし法律上「死亡」と認定され、遺体がない中で行う葬儀について」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧