現職美濃加茂市長「逆転有罪」の思い語る

まいじつ

現職美濃加茂市長「逆転有罪」の思い語る

藤井浩人美濃加茂市長が、4月19日に『日本の司法を正す会』へ弁護人の郷原信郎弁護士とともに出席し、控訴審(二審)で逆転有罪判決となった現在の心境を吐露した。 藤井市長は2010年の同市市議会議員選挙で初当選し、2013年に当時市長の病気辞職を受けて行われた市長選に無所属で立候補して28歳で当選。当時は、全国で最年少の市長ということで脚光を浴びた。 ところが、市長当選の1年後に、受託収賄罪で逮捕・起訴され、一審...

「現職美濃加茂市長「逆転有罪」の思い語る」のページです。デイリーニュースオンラインは、収賄政治犯罪岐阜県社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧