宇野昌磨のフリー曲が欧米で批判されていた!

アサジョ

宇野昌磨のフリー曲が欧米で批判されていた!

16-17年のシーズンで、絶対王者の羽生結弦選手に肉薄する活躍を見せた宇野昌磨選手。来季以降の活躍に大きな期待が寄せられているが、実は今シーズンの当初、宇野選手の選曲が失敗だったと欧米を中心に評価されていた。「宇野選手の選曲はSPが映画『ラベンダーの咲く庭で』より『ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー』、FSが『ブエノスアイレス午前零時ほか』とされていました。FSの“ほか”にあたるのが『ロコへのバラー...

「宇野昌磨のフリー曲が欧米で批判されていた!」のページです。デイリーニュースオンラインは、ロコへのバラードアストル・ピアソラ宇野昌磨世界選手権フィギュアスケートスポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧