「ルーレット式おみくじ器」いまも月150~200台ペースで製造されていた

Jタウンネット

提供:北多摩製作所
提供:北多摩製作所

提供:北多摩製作所 喫茶店などに置いてある自動販売機「ルーレット式おみくじ器」は、100円を入れて取っ手を引くと、上部のルーレットが回転し、おみくじが出てくる仕掛け。1970~80年頃、星占いや喫茶店のブームで急速に普及した。これについて2017年5月17日、とあるツイッターユーザーが「今は岩手にある工場1社でしか生産していなくて、しかもふるさと納税の返礼品に採用されていた」などとつぶやいたところ、ネット上で「...

「「ルーレット式おみくじ器」いまも月150~200台ペースで製造されていた」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧