【配当金への課税】選択可能な3つの計算方法、それぞれのメリットとデメリット

相談LINE

【配当金への課税】選択可能な3つの計算方法、それぞれのメリットとデメリット

上場企業の株式を購入して配当を貰った場合、配当金の税金が課税されますが、課税される配当金については、以下の3つの方式から計算方法を選択することができます。 1 総合課税 2 申告分離課税 3 申告不要制度 ■総合課税とは 上場株式の配当については、20.315%(所得税及び復興特別所得税15.315%、地方税5%)の税率により、源泉徴収がなされます。この源泉徴収税額については、給与などとの他の所得と...

注目記事
「【配当金への課税】選択可能な3つの計算方法、それぞれのメリットとデメリット」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧