東芝、再建の命運握るメモリ事業売却計画が破談の可能性

ビジネスジャーナル

東芝・巨額損失問題 米原発子会社の破産申請(ロイター/アフロ)
東芝・巨額損失問題 米原発子会社の破産申請(ロイター/アフロ)

東芝は6月21日、東芝メモリの売却について、官民ファンドの産業革新機構などでつくる日米韓連合と優先的に交渉を進める方針を取締役会で決めた。  革新機構のほか政府系の日本政策投資銀行、米投資ファンドのベインキャピタル、韓国半導体大手SKハイニックスなどが参加し、東芝メモリを2兆円規模で買収する案を提示している。  しかし、三重県四日市市の半導体工場を共同運営する米ウエスタンデジタル(WD)は、東芝メモリ...

注目記事
「東芝、再建の命運握るメモリ事業売却計画が破談の可能性」のページです。デイリーニュースオンラインは、産業革新機構東芝メモリ日本政策投資銀行社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧