【ガチ】仏教僧や神父がドラッグを摂取したらトンでもないことが起きる? 米有名大学が禁断の実験へ

トカナ

イメージ画像は、「Thinkstock」より
イメージ画像は、「Thinkstock」より

■神学生がトリップした「マーシュ礼拝堂実験」  1962年の聖金曜日(4月20日)、後に「マーシュ礼拝堂実験」と呼ばれる恐るべき実験が行われた。実験に参加したのは、アメリカ・ボストン地区の神学院生と教授、そして、実験を執り行ったハーバード神学校の学生ウォルター・パンケである。 【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/07/post_13910.html】  パンケは、LSDグルとして知られる心理学者ティモシー・リアリ...

注目記事
「【ガチ】仏教僧や神父がドラッグを摂取したらトンでもないことが起きる? 米有名大学が禁断の実験へ」のページです。デイリーニュースオンラインは、マジックマッシュルームキリスト教心理学仏教ドラッグ海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧