魔窟・銀座の「みかじめと愛欲」60年戦争(4)クラブの起源はカフェの女給

アサ芸プラス

魔窟・銀座の「みかじめと愛欲」60年戦争(4)クラブの起源はカフェの女給

飛び切りのいいオンナという「商品」と飲むために、身なりを整えた紳士が高額な「対価」を支払う。それが、ネオン瞬く銀座のシステムである‥‥。この街は“外敵”を寄せつけず、独自の治安のもとに、まるで世界遺産のような文化を切り拓いた。だが、ここにきて、内外から危機が迫っているという──。 銀座の店から長年にわたって「みかじめ」を搾っていたと報じられたのは、國粹会若頭補佐の生井一家・梅木康明総長と組員ら7人。警...

「魔窟・銀座の「みかじめと愛欲」60年戦争(4)クラブの起源はカフェの女給」のページです。デイリーニュースオンラインは、銀座社交料飲組合堂満謙一週刊アサヒ芸能 2017年 7/27号ギンザワンみかじめ社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧