魔窟・銀座の「みかじめと愛欲」60年戦争(5)芸能人続出の店があった

アサ芸プラス

魔窟・銀座の「みかじめと愛欲」60年戦争(5)芸能人続出の店があった

高橋央延は、銀座のスカウトマンとして50年のキャリアを誇る。プロボクサーから転身した異色の存在だが、数万人に声をかけ、1000人以上もの「銀座ブランドのホステス」を誕生させた観察力が光る。 高橋は“伝説のスカウトマン”と呼ばれた梅宮尚(梅宮辰夫のいとこ)の物語を「アサヒ芸能」で読み、触発されて同じ道を選んだという。さて──、「顔は二の次です」 高橋は開口一番、意外な答えで応じた。「それよりもスタイルのよ...

「魔窟・銀座の「みかじめと愛欲」60年戦争(5)芸能人続出の店があった」のページです。デイリーニュースオンラインは、徳大寺美瑠週刊アサヒ芸能 2017年 7/27号梅宮尚みかじめ五十嵐淳子社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧