ナスカで発掘された「3本指の宇宙人ミイラ」が人類よりも爬虫類に近いことが濃厚! 古代人と共生していたレプティリアンの可能性

トカナ

イメージ画像は、「Thinkstock」より
イメージ画像は、「Thinkstock」より

ペルー・ナスカで発見された5体のエイリアンのミイラ。現在、調査チームが鋭意分析中だが、ここで新しい発見が報じられた。なんと、5体のうちの1体の小型エイリアンの全身が公開され、人間よりも爬虫類に近い種族であることが判明したというのだ! ■人類よりも“爬虫類”に近い生物  公開されたのは、指がそれぞれ3本しかない全長60cmほどの小型のエイリアン。UFO探求サイト「Gaia」の宇宙人探索チームが新たに公開したドキュ...

「ナスカで発掘された「3本指の宇宙人ミイラ」が人類よりも爬虫類に近いことが濃厚! 古代人と共生していたレプティリアンの可能性」のページです。デイリーニュースオンラインは、ナスカミイラエイリアン宇宙人カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧