トム・ホランド、キルスティン・ダンストの批判は気にしない?

ビッグセレブ

トム・ホランド
トム・ホランド

トム・ホランドは、自身が主役を務める映画『スパイダーマン:ホームカミング』に対するキルスティン・ダンストの批判を気にしないと発言している。 2002年から2007年公開のサム・ライミ版「スパイダーマン」3部作にヒロイン、メリー・ジェーン・ワトソン(MJ)役として出演したキルスティン・ダンストは、今回のリブート版に対し否定的なコメントを残していた。それに対し、トムはキルスティンには意見を言う権利があるとして...

注目記事
「トム・ホランド、キルスティン・ダンストの批判は気にしない?」のページです。デイリーニュースオンラインは、アベンジャー:インフィニティ・ウォーマリ・クレールMovie 'n' Co UKサム・ライミトビー・マグワイア海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧