現金一括納付が原則の相続税や贈与税。もしも払えない場合はどうなる?

心に残る家族葬

現金一括納付が原則の相続税や贈与税。もしも払えない場合はどうなる?

相続税に限らず、日本の税金は納付期限までに現金一括納付、つまり現金で纏めて支払うことが原則となっている。固定資産税や個人の住民税では、分割納付が可能となっているが、これはごく一部である。だが、相続税並びに贈与税については、原則として現金一括納付としながらも、例外を認めている。今回は、相続税並びに贈与税の納付について触れてみたい。 ■相続税と贈与税の納付期限は?納付の方法は? 相続税の納付期限は、申...

注目記事
「現金一括納付が原則の相続税や贈与税。もしも払えない場合はどうなる?」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧